青い海、白い砂浜、色彩豊かな魚、心地よい潮風。

今となっては少なくなってきましたが、潮だまり(タイドプール)にもたくさんの生き物がいます。

そこは遊び場としてのパラダイスでもありました。

身近にいる海のいきものについて、子供から研究者まで楽しめるように紹介をしていきたいと思います。


banner_04.gif

2009年03月12日

増えてきたオニヒトデ

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



和歌山県の串本や徳島県の牟岐あたりでオニヒトデが年々増えてきています。

これは、冬場の平均水温が上がってきたので、越冬する個体がいるためです。

そのため、サンゴの被害も出てきているようで、オニヒトデの駆除が悩みとなってきました。

このオニヒトデ、ラッパウニの内臓に集まってくるという、おもしろい性質があります。

では、ウニの内臓のどのような成分が好きなのでしょうか?

名古屋大学の研究グループは、オニヒトデはアラキドン酸とα-リノレン酸といった不飽和脂肪酸に誘引されることを突き止めました。

このことが解ってから10年近くたちますが、アラキドン酸などを使った有効なトラップが未だ見あたりませんので、オニヒトデの駆除はダイバーによる手作業となっているようです。



読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif



緑のヒトデです◎ビスケットスター マーブルグリーン(海水)(1匹)
posted by イソガニ博士 at 15:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 棘皮動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

ヒトデを使った臨海実習

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



一般的に、臨海実習ではヒトデやウニを使って卵成熟(減数分裂)の制御を学びます。

ヒトデでは、放射神経で作られた生殖巣刺激物質によって卵巣の濾胞細胞が活性化し、そこから1-メチルアデニンが放出され、卵成熟が起こります。

実習例1
イトマキヒトデ卵母細胞を材料とし、卵成熟誘起物質(1-メチルアデニン)による減数分裂の再開(卵成熟)の観察を行います。
また、卵核胞の崩壊に引き続く細胞質分裂(第一極体形成)に対して、プロテアソームの阻害剤を添加することがどのような影響を及ぼすかを解析して、減数分裂周期の進行に対するタンパク分解酵素の役割を考察します。

実習例2
イトマキヒトデから放射神経を単離し、そこから生殖巣刺激物質を抽出します。
抽出液はセファデックスG50ゲルを用いたカラムクロマトグラフィーにより分画し、卵巣片から放卵を誘起する活性を指標にしたバイオアッセイ(Bioassay)により生殖巣刺激物質を含むピーク分画を見出し、生殖巣刺激物質の比活性がゲルろ過クロマトグラフィーによりどれだけ上昇したかを解析します。

この生殖巣刺激物質はペプチド性物質ということはわかっていましたが、その構造は長い間、謎になってした。

理由は、精製中に活性が無くなってしまうので、物質の純化ができなかったからです。

最近になって、24個のアミノ酸からなるA鎖と19個のアミノ酸からなるB鎖のヘテロダイマーからなるものであることを明らかになりました。



人気ブログランキングへ。応援のクリックをお願いします
banner_04.gif
posted by イソガニ博士 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 棘皮動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

ヒトデ

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



ヒトデというとみなさん、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

どちらかと、厄介者や気持ち悪いなど苦手な方が多いかもしれません。

しかし、イトマキヒトデは、海産無脊椎動物の卵や精子の形成と受精可能な状態になる過程を研究するためのモデル動物として使われ、その日本の基礎研究の成果が世界をリードしてきたのです。
PIC066.jpg

大学の生物系に行くと、ヒトデはウニと同様に臨海実習の教材とて、教育の分野でも重要な動物なのです。



人気ブログランキングへ。応援のクリックをお願いします
banner_04.gif
posted by イソガニ博士 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 棘皮動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。