青い海、白い砂浜、色彩豊かな魚、心地よい潮風。

今となっては少なくなってきましたが、潮だまり(タイドプール)にもたくさんの生き物がいます。

そこは遊び場としてのパラダイスでもありました。

身近にいる海のいきものについて、子供から研究者まで楽しめるように紹介をしていきたいと思います。


banner_04.gif

2009年12月16日

タコの知能

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



ナショナルジオグラフィックのニュースに「ココナツの殻を運ぶ知能の高いタコ」というのがありました。

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=65380031
PIC172.jpg


あるタコが半分に割れたココナツの殻を体の下側に吸い付け、つま先で歩くところが確認された。そのあと2つの殻を組み合わせて中に隠れる、という記事です。

記事の中に、生物人類学者でロサンゼルスにあるジェーン・グドール研究所(JGRC)の共同責任者を務めるクレイグ・スタンフォード氏から

「イカやタコなどの頭足類が道具を使うなんて考えもしていなかった」
「チンパンジーだって自然素材を使って身を守るようなことはしないのにね」

というコメントがありました。

そもそも、ココナッツの殻の中に隠れている姿を見て、

イイダコみたい

と思いませんか?

イイダコが、↓のようにゴミや貝殻を使って身を隠すことは、有名な話です。

PIC173.jpg

http://opencage.info/pics/large_2317.aspより引用


明石ではこの習性を利用して、10センチほどの大きさの二枚貝を蝶つがいのところでつないであるだけのはえ縄仕掛けでイイダコ漁をしています。


だから、記事の中ある↓の記述には、ちょっとした違和感を感じました。

このタコはメジロダコ(学名:Amphioctopus marginatus)という種で、ココナツを運ぶことによって高等動物の仲間入りを果たした。このように道具を使う例は、無脊椎(せきつい)動物としては初の快挙だという。

しかし、イイダコが貝殻を持ち歩いているかどうかについて、私自身はわかりませんが・・・



読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif




瀬戸内海でとれたいいだこ柔らか煮(子なし) 2パック





posted by イソガニ博士 at 13:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 軟体動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

あぐらをかくの??

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



アジ釣りへ行った時に、何やら白い浮遊物を発見しました。

よく見ると、体長10センチにも満たないアオリイカの子供です。

ところが、見慣れた姿とはちょっと違っています。

PIC157.jpg


な〜んと、あぐらをかいた格好でユラユラと泳いでいるのでした。

これでも、リラックスしているのでしょうか!?



壱岐の漁師が手間隙かけて手釣りで釣った極めつけイカ(アオリイカ)【壱岐産】こだわり手釣りのアオリイカ・・なんと2kgセット





posted by イソガニ博士 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 軟体動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

アオリイカのヤエン釣り

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



アオリイカを釣る仕掛けに「ヤエン」というものがあります。
この仕掛けは、和歌山県在住のある漁師さんが考案したという話がありますが、詳しいことはわかりません。
PIC064.jpg

ヤエン釣りとは、まず尻尾に道糸を括りつけたアジを投入します。アオリイカがこのエサを抱き、食べている途中に、ヤエンをラインに通して滑らせ投入し、アオリイカをヤエンに引っ掛けて釣るやり方です。

これは、イカの習性をよく理解した巧みな釣り方です。

ヤエンという名前の由来は、昔、林業で切った木を麓に下ろす時に、山の上から麓まで張られたロープに丸太を吊るして滑らしいました。この時使っていた作業の道具がヤエンと言われていて、そこから、この掛け針の名前が「ヤエン」と言われるようになったと言われています。

この釣りでは、イカがエサを食べているときに違和感を感じるとエサを放してしまいます。また、ヤエンがうまくイカに引っ掛からない場合も多く、成功率の悪い釣りなのです。

しかし、そこがこの釣りのおもしろさでもあり、イカとの駆け引きを楽しむことができる釣りとなっています。




人気ブログランキングへ。応援のクリックをお願いします
banner_04.gif
posted by イソガニ博士 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 軟体動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

アオリイカ

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



沿岸域に住んでいる大型のイカで、胴の長さが50cm以上、重さ5kg以上にもなります。
PIC062.jpg

一応、1年の寿命といわれていますので、成長の速さには驚きです。

釣っておもしろく、食べておいしいイカなので、アングラーには大人気の魚種となっています。

このイカを釣る道具の1つに餌木(エギ)というのがあります。

歴史を調べてみると、江戸時代後期に現在の鹿児島周辺で、エギのルーツにあたるものが発生したとなっていました。

この餌木、日本独自の道具となりますが、西洋の釣り道具であるルアーと、どちらが歴史的に古いのかという疑問が湧いてきました。

これも調べてみると、はっきりとした資料は残されていないようでしたが、1800年代にイギリスでファントムミノーというものがあったそうです。

江戸時代後期というと、やはり1800年代。

同じような時期に、違う発想からそれぞれ生まれたということでしょうか。



人気ブログランキングへ。応援のクリックをお願いします
banner_04.gif
posted by イソガニ博士 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 軟体動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。