青い海、白い砂浜、色彩豊かな魚、心地よい潮風。

今となっては少なくなってきましたが、潮だまり(タイドプール)にもたくさんの生き物がいます。

そこは遊び場としてのパラダイスでもありました。

身近にいる海のいきものについて、子供から研究者まで楽しめるように紹介をしていきたいと思います。


banner_04.gif

2010年01月27日

オーシャンズを見てきました

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。




この映画は、「海とは?」という問いかけに対する回答を求めるための映像です。
それぞれの人が、どのように感じたのか。このことが答えなので、正解はありません。

個人的には、子供の頃に見たジャック・イブ・クストーの「沈黙の世界」の現代版という印象でした。

クストーの海洋映画は、世界中の海の中を紹介してくれて、そこには、知らなかった事がいっぱいありました。
当時は海のことを知っている思ってましたが、自分の住んでいた所のごく一部でしかなかったのです。

オーシャンズは、そこに登場する生き物の種類は200種もないと思いますが、今までにない角度で撮影されているシーンが多くて、見所満載でした。

ドキュメンタリーというより、啓蒙作品かと思います。

普通、映画ではストーリーがわかってしまうので、見る前にパンフレットは買わないものですが、オーシャンズは、何がどこで撮影されたのかパンフレットを見て知ってから、鑑賞するのも「あり」かと思うのです。

撮影場所と動物の種類(オーシャンズのパンフレットより引用)
PIC175.jpg





読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif



オーシャン ドリーム EDT・SP 50ml 【ジョルジオ ビバリーヒルズ 香水・フレグランス フルボトル】





posted by イソガニ博士 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

新しい仲間の紹介

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



昨年からのメンバーは
小学校で生まれたアメリカザリガニ
夏祭り出身のサワガニ

そして、昨日から「ミドリフグ」が新メンバーとして加入しました。
PIC174.jpg


このフグは、東南アジアの汽水域〜海水域に生息している小型のフグで、背中に緑色の蛍光色がキレイな魚です。
また、夜になると活発に動き出す甲殻類と違って、夜はきちんと(!?)寝る、よい子なのです。

早く、ここの環境に慣れてくれるよう願っています。




読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif





ヴァーチャルペット 熱帯魚





posted by イソガニ博士 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

よいお年を

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。




今年もあとわずかになりましたが、
当研究所へたくさんのご訪問、ありがとうございました。

経済事情の悪化により、どの分野も厳しい年でしたが、これからも、ガンバっていきましょう。

では、よいお年をおむかえください。





刺身のツマ用ピーラー、 業界最細1.5mmの千切り幅実現。プロピーラー極細千切り





posted by イソガニ博士 at 20:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

マイ・ロッドのデビュー

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



自分専用の釣り竿では、
私の場合は、ある日突然、竹が軒先に立てかけてあって、これを釣り竿として作ってくれました。

自分の子供の場合、普段は軽量のへら竿を使わしていたのですが、ベネッセの進研ゼミで貯めたポイントで交換したルアーフィッシング・セットが自分専用にしたというのが、今風の子供と思う。

「このさおで釣りしたい」という要望を答えるため、淡路島の岩屋港へ釣行。

風が強く、きびしい状況の中、停泊してあった漁船を風よけにして、頑張ってみました。

仕掛けを降ろして、すぐに飛び付いてきたのが↓これ
PIC168.jpg


記念すべきファースト・ヒットはクツワハゼ(間違ってたらゴメン)です。

リールが付いているために、竿を持つ手にも、だんだん重く感じるようになったようでしたが、この後は、メバルの子供やアジなどが釣果となりました。

となりで出していたいつものへら竿には、コブダイの幼魚や30cmを超えるガシラなど大物!?が釣れました。

PIC169.jpg
PIC170.jpg


それにしても、このガシラ、でかい!!
こんな所で!? と思われるような場所で釣れたのが、おもしろい。

数年前に比べて、釣りをしている人が、かなり減っているように思われます。だからこそ、大きな魚に出会えるチャンスが増えてきたのかもしれません。

夜になってからは、ライトアップされた明石海峡大橋を眺めながらの温泉で一休みしてから、帰途につきました。

PIC171.jpg






京焼の人気作家【美の器】花生 京焼 豆彩 三方魚文 みのかさご絵手塚 央作





posted by イソガニ博士 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

コンピューターとプログラミング

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。




有り難いことに、シミュレーションについて、多くの反響がありました。この場をお借りして、 読者の皆さんに厚く御礼を申し上げます。


今日は、私自身の思い出を書くことにします。

私が大学生の頃、パソコンが出始めました。
自分たちが使えたプログラミング言語はBasicです。

タンパク質研究の中で、アミノ酸分析機が打ちだしてきたデータからアミノ酸組成を割り出していくのが、電卓を使っても、けっこう大変なことでした。

そこで、プログラミングを独自で勉強し、アミノ酸組成を算出するためのソフトを作って、これを使っていました。

プログラミングが出来るようになると、ちょっと大掛かりなものも、作ってみたくなります。

当時、タンパク質の研究ではChou-Fasman法といって、アミノ酸配列からタンパク質の二次構造を計算によって予測する有名な手法が話題になっていました。
これは、29種類のタンパク質の二次構造データをもとに、20種類のアミノ酸の二次構造をとる頻度から傾向指数が割り与えられ、隣接した4〜6残基の傾向指数を比較することによって、どの二次構造をしているのかを予測します。

注:二次構造とは、タンパク質の立体構造において、部分的な折り畳まれ方を二次構造と呼んでいます。螺旋状に巻いた構造のα-へリックス, 2本のポリペプチド主鎖が平行に配置した構造のβ-シート, U字形の構造のβ-ターンなどがあります。

成長ホルモンやプロラクチンといったホルモンは200残基近くのアミノ酸から成るタンパク質なので、手計算では大変な労力になります。

計算を楽したいためにブログラミングを始めたわけですが、結構な時間が掛かってしまい、手計算した方が早い、なんて他の人から突っ込まれながら、これも何とか完成させてました。

サケのプロラクチンのアミノ酸配列を解明した時に、2種類の分子が混在していたのですが、186残基のタンパク質が逆相HPLCで分離出来たことに、驚きを感じていました。

そして、全一次構造を解明した論文の中で、Chou-Fasman法で計算した結果を参照して、逆相HPLCで分離してきた理由を考察しました。

ところが、一人のレフリーから、二次構造はあくまでも予測であって、その予測の上から更に分離してきたきたことを予測するのは科学的な見解ではない、とコメントがきたのです。

つまり、「お話」としてはおもしろいけど、立体構造に違いがあるというデータはどこにもないじゃない、という意味なのです。

私自身としては学生で、論文デビューのことだったので、かなり衝撃的な出来事でした。

これが原因なのでしょう、コンピューターを使ったシミュレーションの話題になると、少し懐疑的な態度になってしまうかもしれません。





読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif






久米島海洋深層水 球美の水 硬度1000(2L×6本セット)







posted by イソガニ博士 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

スーパーコンピューターの是非

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



行政刷新会議の事業仕分け作業で、「京速計算機」に関する予算大幅な削減、あるいは凍結が必要とされました。

世界一の性能のスーパーコンピューターを作りたいという研究者からの要望ですが、これには、納税者からの立場から言わせてもらうと、当然の成り行きと思うのです。

このスパコン計画にあった背景には、2002年に運用を開始した地球シミュレータの貢献があったと思うのですが、このスパコンは3年くらい世界1位の位置にありました。

地球温暖化をはじめとする地球規模でのシミュレーションですが、ここで示された結果は、あくまでも「予測」であって、「真実」ではないのです。

つまり、予測の話をあたかも真実のように語るシミュレーションは、最近、話題になっている「ニセ科学」と紙一重にあるかもしれません。

本当の所は、シミュレーションは科学なのか、という本質が議論の対象になっていないのが、残念なところでもあるのです。

また、説明に立った研究者側はとにかく世界一へのこだわりを示しましたが、性能が世界一でなくても、汎用スーパーコンピューターを使って、シミュレーションができるのもまた、事実なのです。

更に重要なのは、「京速計算機」のプロジェクトでは、昨年、設計に参加していたNECや日立といったスパコンを事業にしていた企業が離脱しています。そのため、来年度では「計画の見直し」による予算の削減か凍結は必要なことなのです。

そこで、スパコンのプロジェクトで削った予算は、小中学校で使う理科教材に向けてはどうでしょうか? その方が、「科学の発展」には効果的と思えるのです。

最終的には「政治判断」に委ねられると思いますが、政治家のみなさんの「良識ある」判断に期待しましょう。



読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif





スーパーコンピューターを20万円で創る





posted by イソガニ博士 at 14:17| Comment(10) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

13分の11

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



2009年のノーベル賞受賞者13人のうち、アメリカ国籍の研究者の数は11人でした。
今年もアメリカの圧勝です。

ところが、そのすべてがアメリカ生まれではなく、中国、カナダ、オーストラリア、インド生まれで、アメリカ国籍の研究者が受賞しています。

科学研究の分野では、なぜアメリカなのでしょうか?

研究開発への支出が盛んな国へ移住していくのが、科学者の間では一般的なことで、その受け口がアメリカだったということです。

つまり、第二次大戦後、アメリカでは、教育機関にたくさんの「お金」をつぎ込み、更に、研究所と大学が協力して高レベルの研究が行うシステムを構築していきました。

また、アメリカは元々移民の国であるので、優れた科学者や研究員の招聘に積極的であったのです。アメリカ国務省によると、毎年3万5000件以上のビザを発行しているとのこと。

このような政策の結果、物理分野の場合、アメリカ国籍の研究者が占める割合は、米国生まれは29.7%に過ぎないが、大学卒業時には43.4%、博士号取得時には55.1%へと増えていき、最終的には67.1%になっている」という調査報告が出ています。

しかし、これらは20世紀の遺産で、経済の状態が悪くなったこれからは、どうなるのでしょうか?

それと、膨大な研究費が必要とされない分野である「数学」や「建築」の世界では、ヨーロッパの研究者が賞(数学ではフィールズ賞、建築ではプリツカー賞)を独占しているのも事実なのです。

がんばれ、ニッポンわーい(嬉しい顔)




読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif





ノーベル賞の受賞晩餐会で飲まれる絶品紅茶北欧紅茶25gミニ缶5個セットギフト箱入







posted by イソガニ博士 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

海物語

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



「海」を題材にしたゲームはいろいろあります。

フィッシングゲームは、その代表的な1つです。

日本では「パチンコ・パチスロ」という独自文化(!?)がありますが、異例の大人気機種で「海物語」といったパチンコ機があります。

PIC162.jpg


なぜ、「海物語」は大ヒットしたのでしょうか?

それは、日本人が海洋民族だから・・・ なんてことはありません。

では、ギャンプル的要素が強いから ということだけでもなさそうなのです。

ギャンブル依存症には、エンドルフィンというホルモンが係わっていますが、これはモルヒネと同じような働きをする物質で「脳内麻薬様物質」とも呼ばれています。

パチンコにはまっている人では、「大当たりするときの快感」をよく口にします。
これは、リーチがかかると大当たりを予期して興奮し、心拍数も上がります。そして、大当たりすると、エンドルフィンの分泌量が増加し、鎮静効果となって「良かった」と思い「ほっとする」となることが快感として感じているのです。

つまり、エンドルフィンによるストレス状態からの開放がパチンコ好きになる仕組みです。

このことは、走るのが好きで好きでたまらない人と同じことなのです。「ランニングハイ」は、長時間走り続けて体が痛みや疲労を感じだすと、エンドルフィンが分泌され、その鎮痛効果がもたらす快感が生まれていることです。

ところが、「海物語」の人気は、大当たりによる快感によるものだけでは、ないとのことです。

海物語の液晶画面は、ブルーの配色に左から右へキャラクター図柄が流れていきます。これが、前頭眼窩皮質の活動低下を引き起こしているそうなのです。

つまり、興奮とは全く逆の「癒し」効果を与えていたのです。

このようなことを狙って開発したものではなく、結果オーライの結果だと思うのですが、10年以上にわたるロングシリーズになっています。

それでも、やはり日本人の「海好き」「海洋生物好き」もロングセラーの一因となっていると思うのです。



読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif




主原料の「エソ」は、国産です。最高位の賞「農林水産大臣賞」受賞!さしみ竹輪「漁火」 黄金色の美しい焼き色は、目にも食欲をそそります。山口県推奨品ブランド「山口海物語」認定商品です。





posted by イソガニ博士 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

台風の後に

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



大型の台風が通り過ぎて行きました。

大阪市内は大きな被害はありませんでしたが、この台風で被害に合われた皆様の心痛をお察しすると共に、この辛い逆境を克服されますよう心より祈りいたします。

台風の後にウナギ取りをしたことを前に書きましたが、もう1つ、密かな楽しみがありました。
台風が去り、波が穏やかになった海岸を散歩すると、思いがけない漂流物を拾うことがあったのです。
そして、子供時代に見つけたものは、今でも「宝物」として、棚の中で飾られています。

子供の時に房総の海岸で拾ったお宝はこれ↓ 人気ブログランキングへ

PIC161.jpg


波に打ち付けられて、割れてしまっていますが、南方の海から、長い時間をかけて漂流してきたのかと思い、出会えたことに感謝しています。

オウムガイ
生きている化石のひとつである軟体動物で、南太平洋〜オーストラリア近海の水深およそ100m〜600mに棲んでいる。
殻の形態や構造から、古生代のチョッカクガイなどの直系の子孫であると考えられています。



白亜紀の浪漫■龍香堂■☆白亜紀のオウムガイの化石 残りあと1個です



無添加さつま揚げセット(真空) 価格:5,250円



posted by イソガニ博士 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

磯遊び日記

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



水中写真の撮れるデジカメは、磯遊びの「友」として重宝しています。
これまで水中で見たことは、自分の「記憶」の中にあったですが、今では、簡単に画像として残せるのです。

見慣れた生き物でも、写真に撮ってみると、また違った雰囲気が味わえて、けっこうおもしろいものでもありました。


荒涼とした岩山を歩いているように見えるヤドカリ。相変わらず、目つきが悪く、怒っているようです。

PIC158.jpg



かくれんぼしているつもり!? でも、み〜つけた。

PIC159.jpg



井戸端会議中、今日は何のうわさ話でもちきりなのか。

PIC160.jpg


もう少し若かりし頃、こんなデジカメがあったら、釣ったヒラスズキや手づかみしたイセエビなどなど、思い出にあることが写真として残せたのに、と思うのは贅沢なことでしょうか?



読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif




PANASONIC DMC-FT1 価格28,882円 (税込 30,326 円) 送料込





posted by イソガニ博士 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

久しぶりの再会

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



シルバーウィークが終わり、最初の週末に、和歌山の御坊方面へフィッシングに出かけました。

予想通り渋滞はなく、快適なドライブとなりました。

ねらいは、アジとアオリイカ。

日が暮れてから、オキアミをエサに、アジは何とか釣れだしてきました。

しばらくすると、アジとは違う魚が揚がりました。
PIC156.jpg


これは、ムツの幼魚

なんと、20年以上もご無沙汰になっていた魚です。

私が子供の頃、南房総での話ですが、「ムツの仔」は冬になるとよく釣りに行った魚種でした。エサは、潮だまりにいる「アゴハゼ」を捕まえてきて、生き餌の仕掛けです。

大阪に来てからは「ムツ釣り」はやらなかったので、本当に久しぶりに逢えたという感じです。

調理法は昔と同様に「煮付け」で、なつかしい味に舌鼓となりました。

それと、近くで釣りをしていた「おっちゃん」に聞いてみると、ムツの仔はそんな珍しい魚でなく、よく釣れるとのこと。

そうだったのか・・・
また、釣りに行こうか車(セダン)



読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif




これぞ手作りの味!! 絶妙な塩加減と干し加減が病み付きに!! ビールやご飯片手にお待ちください。【ノドグロ(アカムツ)一夜干し】7枚セット!





posted by イソガニ博士 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

何か、おかしい??

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



「奇妙なゼリー状の魚発見 新種か」というニュースがありました。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=21818256

この手の話には興味津々です。

でも、記事の内容と写真がどうもマッチしていないような感じに思えたのです。
写真の魚はどう見ても、2mもないように思えてなりません。それに、稚魚みたいな気がしていたのです。

真相を確かめようと

http://www.nationalgeographic.com/

へ行って、問題のビデオ記事を見ると、↓の写真がブラジル沖で見つかった個体でした。
PIC154.jpg


日本語のニュースに乗っていた写真は、このビデオを鑑定したスミソニアン研究所国立自然史博物館の魚類学者デイブ・ジョンソン氏のコメント時に挿入された写真で、ブラジル沖で捕獲したものではなかったのです。
PIC155.jpg


もやもやした疑問が解けて、これで、スッキリexclamation×2




読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif




【★SDカード2GB/液晶保護フィルムセット】キャノン(Canon)PowerShot D10【【防水/耐寒/耐衝撃機能デジタルカメラ】【送料無料/代引手数料無料】






posted by イソガニ博士 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渋滞 x 渋滞

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



シルバーウイークの前半は潮回りもよく、和歌山へ磯遊び&フィッシングを予定していましたが、思わぬ障害が発生しました。

それは期間中、「連日の高速道路の渋滞」 です。

連休中の中日くらいなら大丈夫だろう、と思っていたのが大きな間違いでした。

出発前に交通情報を見ると、渋滞を示す「赤線」が長く伸びています。
これでは、いつ着くか分からないし、潮も上がってきてしまいます。
それに加えて、帰りの交通渋滞も付き合わなければなりません。

そこまでして無理に行かなくても、ということで、今回の海行きは「キャンセル」

海洋生物とのお付き合いは、また日を改めてということになりました。



読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif




【★SDカード2GB/液晶保護フィルムセット】キャノン(Canon)PowerShot D10【【防水/耐寒/耐衝撃機能デジタルカメラ】【送料無料/代引手数料無料】






posted by イソガニ博士 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

台風の接近について

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



天気予報では、今日の夕方から夜にかけて、台風11号が関東地方に最も接近し、あるいは上陸のおそれもあるとのことです。

台風に関係した思い出で、今から30〜40年前の千葉県千倉町(南房総市)の話です。

今の時期に台風がくると、実がなった稲が寝てしまい、これけら約2週間後くらいに行われる「稲刈り」が、ものすごく大変な作業になってしまうという心配がありました。

その一方で、台風が去った後では、大波が残していった海岸の水たまりに「ウナギ」が取り残されていたので、ウナギ取りの楽しみがありました。

また、台風が去ってから2〜3日して、海が澄みはじめた頃に、石鯛やブダイがよく釣れたのです。

大きな被害をもたらす台風は困りものですが、ちょっとした台風の接近は「楽しみ」の1つになっていたのでした。


読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif



店長一推しフランスワイン 赤白セット




posted by イソガニ博士 at 11:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

潜水調査船

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



日本にある有人深海探査船は「しんかい6500」、水深6,500mまで潜ることが出来ます。

搭乗定員は3名ですが、二人のパイロットが必要なので、実際は1名だけオブザーバーとして、搭乗できることになります。

その「しんかい6500」にタレントの中川翔子さんが乗り込んで、水深5,200メートルの深海へ行ってきたというニュースがありました。

この模様は9月15日(火)19:55〜 TBS系「キミハ・ブレイク 飛び出せ! 科学くんスペシャル」にてオンエアされるようなので、どんな生き物に出会えたのか、楽しみです。

ちなみに、世界一深く潜った有人潜水艇は「バチスカーフ・トリエステ」で、深度約10,900メートルまで潜りました。1960年のことです。

現在は、このような深さまで潜る潜水艇はありません。

「しんかい6500」の詳細について知りたい方は、独立行政法人海洋研究開発機構(Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology:JAMSTEC ジャムステック)のホームページを訪問してください。
http://www.jamstec.go.jp/j/about/equipment/ships/shinkai6500.html



読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif



地球に残された最後の秘境“深海”の謎に迫る!深海 未知なる海の宇宙



築地市場の最高のアジの干物15枚です。脂ののった鯵の干物ですから美味しいです。沼津産か小田原産の最高級のまあじの干物です。価格: 4,580円


posted by イソガニ博士 at 16:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

丑の日とウナギ

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。


丑の日や海の日と、海洋に関連した週末でした。

昨年は産地偽装や食の安全性などで、大きく消費が落ち込んだウナギですが、今年に入り、安い輸入ウナギが復活しているようです。

といっても、今年はあまり「ウナギの話題」で騒がなくなったような感じの「丑の日」でした。

子供の頃見た「11PM」という番組の中で、「和歌山県日高川のウナギ釣り」を紹介していたと思うのです。たしか、今日の天気のように雨で増水すると、大漁だったという印象が残っています。

ところが、最近の釣り番組で、日高川のウナギ釣りが取り上げられたことがありません。
「日高川」といえば、チヌ釣りや秋のメッキ釣りが有名になりました。

昔はウナギがたくさん生息していた河川でも、今はもう・・・ という状態なのでしょうか?
それとも、ウナギ釣りをする人がいなくなっただけのことなのか?

マグロと同じようにウナギの資源保護が問題になってきているのも、気がかりな問題なのです。


読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif




 沖縄・PADI/オープンウォーター取得コース!          




posted by イソガニ博士 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

なにわの深夜番組はおもしろい

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。


大阪の深夜番組では「魚」をテーマにした番組がいくつかあります。

朝日放送の「クイズ伸助くん」では、なにわ突撃隊が各地の伝統漁法に挑戦することをしていました。

最近では、毎日放送の「よゐこ部」が大阪城や淀川の生物調査などを放送しています。

同じ毎日放送から木曜日の夜11:55に「ロケみつ」という番組がありますが、その中で「Catch&cook 自力 海鮮丼ブログ旅」というコーナーは、釣り、旅、料理が組み合わさり、おもしろいのです。

<旅の掟>が5つあって、

(1)「おさかな天国」の曲の歌詞にでてくる魚種31種類を自力で獲り、その魚をさばき、海鮮丼を作って食べればクリアの旅。

(2)釣り場や仕掛けなどはすべて自分で調べないといけない。

(3)旅ロケ中、食事は自分で釣った魚のみ。釣れなかった場合、食べれるのは魚肉ソーセージのみ。

(4)旅人の健康を考えて、狙った獲物を3日以内に釣れなければ旅人は交代となってしまう。

(5)この企画ももちろん放送翌日のコメント数が1,000件を越えないと強制終了!!

この中で、1番きつい条件は(5)で、過去にも途中で打ちきりになったコーナーもありました。
途中で打ち切りにあるkとなく、31種類、全部クリアしてもらいたいと思っています。

今までにイワシとキスはクリアして、現在はスズキで苦戦中。

担当している芸人は、「和牛」というコンビ名でボケ担当の水田 信二さんです。
釣りはド素人のようですが、元料理人とあって、魚の調理の仕方は、ものすごく上手な方です。

番組のホームページは、http://www.mbs.jp/888/ まで。
ちなみにこの中で1番人気は、「桜・稲垣早希の四国一周ブログ旅」となっています。


読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif




パームスプリングス・高級豪邸レンタルルーム3ベッド&3バスルーム・プール付き定員6名。プール付き3ベッドルーム&3バスルームの豪華な邸宅をレンタルいたします。庭にはバーベキュー設備もありゴルフ後はゆっくりくつろげます。キッチン・洗濯機も完備。禁煙厳守






タグ:海洋 生物
posted by イソガニ博士 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

新型インフルエンザの対策について

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。


関西では、新型インフルエンザに感染した患者数が日々増えています。

どうやら、発生の初期段階で「季節性インフルエンザ」や症状が比較的軽かったために「だたのカゼ」と判断したのが、感染の拡大を許してしまったようです。

そもそも、その原因を作ったのが厚生労働省が発表した診断基準で「米国など発生国への渡航歴があるかどうか」という点です。

今から思うと、水際対策で発見されないでスルーしてしまった保菌者から感染してしまったら、渡航歴の有無など関係ない話でした。

一方、一部の小児科医の間では、今年は小規模ながらB型インフルエンザの流行が続いていたので、「A型の報告が増えた場合、新型インフルエンザの可能性がある」と警告をしていたようです。

それにしても、国が作った感染症対策はうまく機能しなかったわけで、これには憤りを感じている人も多いかと思います。

それと学生のクラブ活動が感染拡大の一部を担っていたことも、想定されてなかった様子です。

しかしながら、実は昨年あたり京都の高校生の間では「パンデミック」に関する話題を真剣に話し合っていたということを聞いています。

彼らの世代で全くの無関心でなかったということには、ちょっとほっとしています。


読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif



《Nikon(ニコン)》携帯型実体顕微鏡ネイチャースコープ ファーブル フォト



posted by イソガニ博士 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

「豊かな海岸づくり」への取り組み

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



日本テレビ系列の「ザ!鉄腕! DASH!!」の中で、横浜の一角にあるヘドロの海岸に砂を敷いて、人口干潟づくりをしていました。

「昔ながらの自然豊かな海岸を自分達の手でつくれるか!?」という試みです。

番組を見ていたら、「この砂、どこから採取したものなの?」と疑問が湧き、砂を採取した場所の環境保全は大丈夫なのか、ちょっと心配になりました。


人工的でありますが「自然豊かな海岸」となると、かつて大阪湾では産業廃棄物の埋め立て地にありました。

「埋め立て」と「生物相の豊富な海」ではイメージとして結びつかないかと思われますが、実は、そうでもなかったのです。

1970年代から始めた埋め立てでは、埋め立てる区域を囲んで、その中に産業廃棄物を捨てていました。

その時に、囲みの中の海水が腐らないよう沖側を石組みにしていたのです。

つまり、この時できた「内海」は潮の干満による外海との流れがあって、石組み護岸の中を通る海水が、石の表面についた微生物などによって浄化されていました。

その結果、内海では外海より水質がきれいになり、浅瀬もあったため、スズキやチヌ、ヒラメなどがよく育ち、よい釣り場にもなっていました。

このような魚たちがたくさんいたということは、それらを支えていた餌も豊富だったことを意味していて、ある意味「豊かな海」なのでした。

このような石組み護岸による水の浄化システムは、「海洋の空(うつろ)」と呼ばれています。

大阪湾を上空から見ると、埋め立て地によって、所々歯の抜けた櫛のようになっています。

新しい公共事業として、この埋め立て地の間にある海域を利用し、石組み護岸を使った渚を作ってみてはどうでしょうか?

橋下知事、お願いします。



読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif




呉の素材そのままを丸ごと活かしました♪ 【恵みまるごとシャーベット(9種セット)】
posted by イソガニ博士 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

ドルフィン・ウォッチング

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



これは、大阪湾での話です。

ここ数日、西宮あたりの海岸へイルカが1頭迷い込んで来て、住宅街の側の防波堤から見ることが出来るのです。

普段は外洋にいて、群れで生活している動物が、湾内に単独で迷い込んで来ている訳ですが、その原因はよくわかりません。

もし、元気にまた外洋へ帰ったとしても、元の群れに合流できるのかも心配になります。

その時どうやって仲間の群れを探し当てるのか、その過程がちょっと気になるところです。



読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif



東京で30年の実績と信頼の弥馬屋”dolphin”K18WGダイヤモンドネックレス
posted by イソガニ博士 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。