青い海、白い砂浜、色彩豊かな魚、心地よい潮風。

今となっては少なくなってきましたが、潮だまり(タイドプール)にもたくさんの生き物がいます。

そこは遊び場としてのパラダイスでもありました。

身近にいる海のいきものについて、子供から研究者まで楽しめるように紹介をしていきたいと思います。


banner_04.gif

2009年12月16日

タコの知能

人気ブログランキングへ
banner_04.gif
  グッド(上向き矢印)
本日もお越しいただきありがとうございます。
応援のクリック!をお願いします。



ナショナルジオグラフィックのニュースに「ココナツの殻を運ぶ知能の高いタコ」というのがありました。

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=65380031
PIC172.jpg


あるタコが半分に割れたココナツの殻を体の下側に吸い付け、つま先で歩くところが確認された。そのあと2つの殻を組み合わせて中に隠れる、という記事です。

記事の中に、生物人類学者でロサンゼルスにあるジェーン・グドール研究所(JGRC)の共同責任者を務めるクレイグ・スタンフォード氏から

「イカやタコなどの頭足類が道具を使うなんて考えもしていなかった」
「チンパンジーだって自然素材を使って身を守るようなことはしないのにね」

というコメントがありました。

そもそも、ココナッツの殻の中に隠れている姿を見て、

イイダコみたい

と思いませんか?

イイダコが、↓のようにゴミや貝殻を使って身を隠すことは、有名な話です。

PIC173.jpg

http://opencage.info/pics/large_2317.aspより引用


明石ではこの習性を利用して、10センチほどの大きさの二枚貝を蝶つがいのところでつないであるだけのはえ縄仕掛けでイイダコ漁をしています。


だから、記事の中ある↓の記述には、ちょっとした違和感を感じました。

このタコはメジロダコ(学名:Amphioctopus marginatus)という種で、ココナツを運ぶことによって高等動物の仲間入りを果たした。このように道具を使う例は、無脊椎(せきつい)動物としては初の快挙だという。

しかし、イイダコが貝殻を持ち歩いているかどうかについて、私自身はわかりませんが・・・



読んで頂いて、ありがとうございます。
気に入ってもらえたら、応援のクリックをお願いします

banner_04.gif




瀬戸内海でとれたいいだこ柔らか煮(子なし) 2パック





posted by イソガニ博士 at 13:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 軟体動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは先日NHKのダーウィンが来た!の第166回「タコ!マイホームを持ち歩く」に登場したタコと同種ですね。
この番組を観た時はあまりのユニークさに大変驚きました。
またタコブネやオウムガイを想像したのは私だけではないですよね。
進化や退化って、意外やそこら中で起きているのかも、なんて。
Posted by saipan-sky at 2009年12月21日 12:18
NHKの番組、見るの忘れてました。
それにしても、タコの行動はおもしろいものです。

ただ、気になったのは、学者さんの「高等動物の仲間入り」といったコメントで、無脊椎動物=下等動物 といった図式は「古い概念」にしたいという願望が私の中にあるからです。

甲殻類や昆虫でも、「賢く」生きていますよね。
Posted by イソガニ博士 at 2009年12月22日 08:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。